後の回復ファイル

RM後のファイルを回復

 

必死にファイルを復元するために必要なのは、rmコマンドを使用して削除?

あなたは、rmコマンドを使用して、デスクトップから不要なフォルダを削除しようとしているときに、デスクトップのコンテンツを削除するに終わった。デスクトップコンテンツ内のいくつかの本当に重要な書類を持っていて、あなたは、あなたの間違いにそれらを失った。あなたは、ごみ箱フォルダ内の削除されたファイルを見つけることを試みたが、またそこに見つけることができませんでした。今、あなたは本当にがっかりしてファイルをrmコマンドを使用して削除取得する方法を真剣に指導を求めなければなりません。それはあなたが永久にあなたがそれらのファイルを失っているこの時点で想定した場合、変な音がしませんし、今までにそれらを回復することができません.

落胆することはできません!あなたの忍耐を持ってください。あなたが本当の問題について知って来るなら、あなたはすべてのあなたの悩みや不満が役に立たなかったことを感じることがあります。これは、ある、rmコマンドを使用した後に削除されたファイルは永久に存在していない。彼らはまだしても削除され、ユーザーがアクセスできないされた後、ハードドライブの元のメモリ空間にそのまま残ります。ファイルディレクトリへの唯一のエントリは、オペレーティングシステムがハード·ディスクにそれを見つけることができないため、先の削除が除去されています。彼らはいくつかの新しいファイルで上書きされるまで、ただし、削除されたファイルは回復可能です。したがって、それは彼らが上書きされる前に削除されたファイルを回復するために非常に重要である。あなたは簡単にファイル回復ユーティリティのようなソフトウェアを使用して削除されたファイルを取り出すことができます ファイルを復元した後 rm. このユーティリティは、繰り返し、それはあなたのファイルの損失の問題に対する完璧なソリューションである理由であるシェアウェアの専門家のほとんどが見直され、推奨されます。ただし、削除されたファイルの上書きを避けるために使用されていない削除されたファイルを含むパーティションを維持する必要があります。上書きされたファイルは、任意の回復ソフトウェアを使用して回復することはできません。ためです.

rmコマンドは、通常、ディレクトリから特定のファイル·パラメータのエントリを削除するために使用されている。削除するエントリがファイルへの最後のリンクである場合、そのファイルは削除されます。あなたがファイルを書き込む権限を持っていない場合は、あなたがファイルかどうかを削除するかどうかのファイル名が表示されます。 [はい](すなわち、y)を入力すると、そのファイルは削除されますでしょう。あなたがY以外の他の文字を入力する場合は、ファイルは削除されません。ファイルを削除するためには、読み取りまたはファイルへの書き込み権限は必要ありません。しかし、あなたはそれへの書き込み権限を持っている場合にのみ、ディレクトリ·ファイルを削除することができます.

しかし、問題は、rmコマンドを使用して、重要な何かを削除すると発生します。ファイルは、rmコマンドを使用して削除、あなたがそこにそれらを見つけることができない理由であるごみ箱フォルダをバイパスする、これがためです。ただし、ファイルの回復ユーティリティを使用して、簡単に、rmコマンドを使用した後に削除されたファイルを回復することができます。この特定の回復ユーティリティは、rmコマンドに適用可能な、このユーティリティは、あなたが知っていることができているだけでなく、 工場出荷時の設定にリセットした後に失われたファイルを回復する方法. ファイルには、重要なファイルをバックアップしなかった場合に、その時点で、コンピュータに工場出荷時設定へのリセット]オプションを選択することにより、失われる可能性があります。その結果、あなたはそれを使用して、あなたにとって本当に重要であるされているので、あなたのハードディスクに保存したファイルへのアクセスを失うことになります。このような場合、このユーティリティは便利だ。工場出荷時設定へのリセット以外の、ディスクのフォーマットには、大切なファイルにアクセスできなくするための別の一般的な理由です。原因あなた自身のミスに大切なファイルを失うこと、十分なデータのバックアップ手段をとらずにハードドライブをフォーマットする。ただし、次のことが可能 フォーマットされたドライブからファイルを復元 数分でファイル回復ユーティリティを使用して。このツールは、フォーマット後に失われたファイルを検索し、回復するために、ハードディスク全体をスキャンします.

このソフトウェアは、ハードドライブからでなく、外付けのUSBドライブ、FireWireドライブ、メモリカード、ペンドライブなどユーザーが直面するもう一つの頻繁なファイルの損失のシナリオは、コンピュータがクラッシュした後のファイルの損失であるような様々な他のストレージデバイスだけでなく、ファイルを回復することができます。システムは、ハードウェアまたはソフトウェアの非互換性、オペレーティングシステムの誤動作や頻繁な停電のような様々な理由のためにクラッシュすることができる。その結果、コンピュータ上のすべてのファイルは、ユーザーに対して完全にアクセスできなくなります。このような状況の下で、次のことが可能 コンピュータがクラッシュした後にファイルを取得 ファイル回復ユーティリティを使用します。リカバリ結果だけでなく、ソフトウェアのパフォーマンスをチェックするために、このソフトウェアのデモ版を使用することができます。あなたはそれに満足している場合は、同様に、フルバージョンのために行くことができます.

以下のようにファイルを復元するために必要なステップは、RMコマンドを使用して削除が記載されている:

ステップ-1: 削除されたファイルが含まれていないコンピュータのハードディスクのパーティションにファイル回復ユーティリティのデモ版をダウンロードしてインストールします。回復ユーティリティの打ち上げ成功すると、選択し “Recover Files” メイン·ウィンドウから。 [選択] “Recover Deleted Files” 次の画面からファイルをリストアするrmコマンドを使用して削除.

File recovery after - Main Screen

ステップ-2: 今、失われたファイルを回収し、をクリックしてするか、そこから適切な論理パーティションを選択 “Next” 削除されたファイルの復旧処理を開始するためのオプション。ファイルの回復プロセスが乗り越えるたら、コンピュータのハードディスクの論理ドライブから回収されたファイルの詳細なリストが表示されます.

File recovery after - View Recovered Files

Recupero Archivio Dopo | Recuperación de Archivos Después | Datei wiederherstellung Nach | Fichier Récupération Après | Arquivo Recuperação Depois | Fil Inddrivelse Efter | 后的文件恢复 | File Recovery After | 파일 복구 후

著作権 © 後の回復ファイル , 無断複写·転載を禁じます

プライバシーポリシー

ために Leopard (10.5) と
Snow Leopard (10.6) ユーザー

ために Lion (10.7) と
Mountain Lion (10.8) ユーザー